音が大きく聞こえる状態

女性

耳鼻咽喉科や精神科を受診しましょう

聴覚過敏は実際よりも、音が大きく聞こえていたり、金属音や生活音、女性や子供の甲高い声などが苦痛になっている状態です。大人の聴覚過敏は周囲の人には理解されにくく、一人で悩みを抱えている人が多いです。日常生活に支障をきたしており、外出などを避ける人もあります。気になる症状で悩んでいる人は、まずは耳鼻咽喉科を受診してみると良いでしょう。内耳や外耳などに異常が見られる場合は、内服薬を処方してもらい治療を続けることが大事です。耳鼻咽喉科で病気の治療を受けることで、聴覚過敏が改善することもあります。アスペルガー症候群は、発達障害のひとつですが、味覚過敏、触覚過敏などが見られることもあります。空気が読めなかったり、人付き合いなどが苦手な場合は、アスペルガー症候群の可能性があります。アスペルガー症候群は知的な遅れがないので、子供の時は見過ごされていることが多いです。精神科の病院やクリニックでは、問診などでチェックが受けられます。睡眠不足が続いている時は、聴覚過敏の症状が見られることも多いので、睡眠導入剤を処方してもらうことで、改善することもあります。耳に異常が見られない場合は、精神科の病院やクリニックでチェックを受けて下さい。大人の聴覚過敏で悩んでいる人にお勧めです。

大人の聴覚過敏は、時計や扇風機などの小さな音が気になったり、人の声やお店のBGMなどが苦痛になっている人もあります。一人一人苦手な音や声などは違っているため、悩んでいる人が少なくありません。周囲の人に話をしても、理解されにくいことが多いため、まずは耳鼻咽喉科を受診することが大事です。突発性難聴やメニエール病などの病気が隠れている可能性があります。耳に異常が見られる場合は、耳鼻咽喉科で問診などのチェックを受けて、最適な薬を処方してもらうことが大事です。工事の音や金属音などが苦痛になっている場合は、耳栓などを使用するのもお勧めです。大人の聴覚過敏は、自律神経の乱れやアスペルガー症候群、睡眠不足などでも見られることがあります。耳に異常が見られない時は、精神科の病院やクリニックを受診することも大事です。抗うつ剤や気分安定薬、睡眠導入剤などを処方してもらうことで、改善することもあります。大人の聴覚過敏は大変辛い症状なので、真剣に悩んでいる人が少なくありません。全体の2割ぐらいに大人の聴覚過敏が見られます。信頼できる耳鼻咽喉科や精神科のクリニックを受診すると、診察や問診などのチェックに時間を掛けてくれます。プライバシーは厳守してくれるので、安心して通院が出来ます。

Copyright© 2019 小さな音にも過敏ならば医療施設で治療を受けよう All Rights Reserved.