耳に関する症状と対策

男性

ストレスや病気が原因で起こる耳の疾患

聴覚過敏とは、耳が非常に敏感になり、普通の人が聞いても何も思わないようなレベルの音も、苦痛に感じてしまう症状のことです。年齢や性別に関係なく起こりうる症状であり、主な原因はストレスや、てんかんなどの疾患など様々です。特に、ストレスを感じやすい会社勤めの大人や、子育て中の大人などに起こりやすいと言われています。大人になればなるほど注意が必要であると言えます。具体的な聞こえ方として代表的なのは、音がわんわんと響いて聞こえること。症状の中でもこの状態に悩む患者は多く、人の話し声やチャイムの音なども、ひどい騒音のようにリフレインして頭の中で鳴り響きます。また、症状の程度も人によって違います。行っていた作業を中断し耳を塞がないと我慢できないレベルもあれば、何事もないように我慢出来るレベルもあります。前者のように症状が非常に重い場合は、頭痛や吐き気、肩こりなどを併発すようになり身体的負担も大きくなります。また、その状態であることにストレスを感じ、うつ病などの精神疾患を発症してしまうことも珍しくありません。自分が聴覚過敏であるかどうかを知るためには、簡単なセルフチェックを行うと良いでしょう。インターネット上で出来るものもありますし、病院で簡単にチェック出来るものもあります。

聴覚過敏を病院でチェックする際には、細かな問診と聴覚検査、質問用紙を配りそれに回答するというような方法がとられます。セルフチェックに比べより確かな結果が分かるので、明らかに症状が出て悩んでいる人は迷わず病院へ行きましょう。また、自分でできる聴覚過敏の対策方法も知っておくと良いでしょう。とくに様々なストレスを抱えやすい大人は、周囲の音を気にしないようにつとめる、なるべくストレスを溜めず日ごろから発散する方法を確立させておく、などが有効です。また、何でも相談出来る人を作っておくのも重要です。症状に悩まされたとき、一人で抱え込むことでさらに症状が悪化してしまうことがあるからです。聴覚過敏は「大人の発達障害」と呼ばれることもあります。しかし、ストレス社会と言われている現代、この症状に悩まされている人は非常に多いので、恥ずかしがる必要はありません。周りの理解とサポートも非常に重要になってきますので、会社の上司や家族には必ず報告するようにしましょう。また、治療方法はとしては耳鳴りの治療法と似たような音響療法やカウンセリングが中心となります。てんかんなどの病気が原因の場合は、その病気を完治すると自然に治ることもあるので、病気の治療に専念します。

Copyright© 2019 小さな音にも過敏ならば医療施設で治療を受けよう All Rights Reserved.